コンタクト

アドレス(URL):
居住地: Japan

自己紹介文

こんにちは。素浪人と申します。
ランニングとウクレレ&ギターを楽しんでおります。

■ランニングブログはこちら ↓
http://plaza.rakuten.co.jp/udshop

■音楽に関するプロフィール
◆10代前半
中1の時のこと。
父からのクリスマスプレゼントで、ねだりもしなかったのに会社帰りにいきなり買ってきたYAMAHAのガットギター。
半ば強制的だったけど、うれしかった。
これがギターとの初めての出会いでした。
さっそく当時好きになりはじめたビートルズの「And I Love Her」や、
サイモン&ガーファンクルの「サウンド・オブ・サイレンス」をコピー。
うまく弾けるまで相当の時間がかかったのを思い出します。
もちろん定番の「禁じられた遊び」も練習。
中3になり、かぐや姫の「賀茂の流れに」のイントロの音がどうしても出したくて、
ハミングバードのコピーモデル(メーカー忘れましたが安物)を購入。
(中学生はバイト禁止だったけど、高校生のふりしてね)

◆10代後半
ツェッペリン、ディープパープル、クイーン、キッス、グラドファンクレイルロード・・・など、ひたすらハードロックな日々。
友人とバンド結成。よくあるパターン。
三大ギタリストに憧れたっけな。
その後、イエス、ピンクフロイド、EL&Pなどのプログレの世界にハマリました。
アコギはまったくといってよいほど、使わない日々。
グレコのレスポールばかり使ってました。

◆20代
ジャズ、フュージョン系に傾倒して、YAMAHAのセミアコを購入。
情感たっぷりにメロディを奏でるラリー・カールトンが大好きでした。
ジャズギター教室に通ったり、MTRで多重録音をよくやってました。
ある日、ボンボンの友人が持っていた、K・YAIRIのきらびやかで歯切れのよいYW-1000の音に惚れ、お借りすることに。
(その後、返すからと連絡をしても「まだいいよ」と。かれこれ30年以上・・・)
ということで現在でもたまに使っています。
ラグタイムギターを覚えはじめたのもこの頃。

◆30代前半
結婚とともに、ギターは実家、新婚生活にはなし。そんな生活。
結婚8年目に隣駅で活動しているバンドのメンバー募集の知らせがあり、久々にバンドを趣味として再開。
アルバムまで発売した元プロの方が二人いて、自分はひたすら学ぶ身のバンドライフ。
PRS、GODANなど、わりと高級なギターをこの頃、購入。
たまに都内のライブハウスでオリジナル中心に演奏しました。

◆30代後半
転居(バツイチになってしまった)したため、バンドから自然離脱。
ダイビングが好きになり、またまたギターと無縁な生活。
キャンプをすることが多くなり、こんな時に使えるだろうと、ウクレレを購入。
ギターは弾かなくても、DTM(今はDAWといいます)で、PCで独りバンドを楽しんでました。
この頃は、エニグマ、ディープ・フォレストなどのアンビエントな音楽ばかりに傾倒。

◆40代前半
ランニングとトライアスロンにはまり、100Km超えのウルトラマラソン、山を走るトレイルランニングレースなどに出場。
さらにギター、ウクレレと無縁な生活が続きます。ギターもヤフオクで処分したり・・・。

◆40代後半(現在)
ある日、久々にギターを手にしました。
ソロ弾きとしては、ラグタイムやその他いくつかのレパートリーがあったのに、
うろ覚えで弾けるのはたったの2曲だけ。
さらに運指も相当ぎこちなく、スチール弦がイタイのなんの。
愕然・・・。
せっかく覚えたのに・・・もったいなさすぎる!
趣味ではいろいろやったけど、やはり「音楽」が好き。
復活しよう。
こう思ったのが、2008年の冬。

まずはレパートリーの復活。
そして今、好きになりつつある現代ハワイアンを中心にやるぞ!
ということで、まずはラグタイムギターの思い出し練習の日々。
(当時の譜面も紛失してしまい、絶版なので記憶しかない)
ウクレレの練習もスタート。まずはじっくり基本のコードの習得からです。
いまは、簡単なソロ弾きでも、気持ちいい~と感じているこの頃です。
少しずつ指使いが蘇り、少しずつレパートリーが増えてくるのが楽しい毎日です。

2009.10