トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

練習日和

土日はほぼウクレレの二日間でした。

土曜日は午前中走って、午後から「楽天ハワイアンズ」の練習。
湘南以来、活動していなかったので、新たな選曲、担当決め、キー決め。
とりあえずは4曲をセレクト。
これまではギターメインにウクレレ少々という担当だったけど、
今度はギター、ウクレレ、パーカッション、ヴォーカルと持ち回り制に変更。
自分がヴォーカル担当となるのは、Maui Girl。
サビの部分が速くて、カミカミしちゃうんです。

今回は素浪人宅での練習。ということで打ち上げは町屋。
地元にいながら、なかな入ることのできなかった名店「もつ焼 小林」の前を通ったら、
オープン時刻だったようで、すんなりと入店。
やったね。
名物の「煮込みのもつ焼き」で舌鼓、そして酔いどれるのでした。

Kobayashi

★    ★    ★    ★    ★

日曜日も午前中走り、午後から新結成の「Smokey Rut's」の練習&オハナ・ウクレレパーティ。
パーティ会場が浦和のため、練習もそのあたりでやろうということになり、
カラオケスタジオよりもお得としか思えない格安な音楽スタジオでの練習。
スタジオ入りは、数えてみるとかれこれ12年ぶり。ウキウキもんです。
ギターアンプの定番、マーシャルがありました。
これでウクレレやる?(笑)
ものすごいハウりそう。サスティーンの効いた「哀愁のヨーロッパ」ができちゃいそうです。
ということで、PAに直接つなぎました。
無事練習が終わり、パーティ会場へ(自分はまだ二回目)。

Ohana0909_1

当日はオープンマイクということで、iisanが進行しながらもフリーな雰囲気。
前回は1曲でしたが、今回は2曲やってみました。
練習でギターを持参するため、それを踏まえて今回はギターを練習していました。
というより、ウク曲の新レパートリーの練習が間に合わなかったというのが本音。
一応5カポにして、ウクと同じポジションですよ~という、見えないアピールをしてみましたが、
気づいた方はいたのかな。
前回よりはキンチョーが和らぎましたが、まだまだだなぁと痛感です。
ということは、練習120%、本番90%の出来ぐらいでないとダメなんだろうと、
演奏後のワインをちびつびしつつ、思うのです。
これはこれで楽しむためには、厳しい世界でもあるなと。

Ohana0909_2

今回も十分にハワイアンを堪能させていただきした。
みなさんの演奏は聴いていた方々がいうように、みんなぐんぐん成長しているらしい。
(自分は入会して間もないので、それ以前がわからない)
でも、その様子はなんとなく伝わってきます。
いつの日か、自分はまともな演奏ができるようになるのだろうか・・・。
今晩も練習してみよう。走りは昨日やったし。

この本、買うべきか。
 いちむらまさき/ライブ上達100の裏ワザ 知ってトクするおもしろアイディア & ヒント集

| | コメント (2)

チュラマナ・ライブ

目黒のブルースアレイで行われたチュラマナ・ライブ。
たっぷり楽しんできました。

元々は「ハワイアーナ」での透明&ハスキーボイスで、
一気にお気に入りになってしまった上原まきさん。
昨夜のトークを聞くかぎり、お茶目というか、どこか天然っぽいところもチャーミングっす。

Churamana
こちらは、7月の3rdアルバムのリリース記念ライブ時の画像

「チュラマナ」の基本は、ギター、ウクレレ、三線、パーカッションという編成。
シンプルなのに、巧みなアレンジで多彩な音世界を聴かせてくれました。
それに加え、趣の異なる二人のヴォーカル、さらにフラが入るのですから、
見ている方はまったく飽きません。
ベース音はギターのドロップチューニングされたルート音と、
ジャンベ(パーカッション)のドンという音だけで、全体がしまってくるものですね。
ベースは重要なパート。でも、こういう代用の仕方もあるのだと勉強になります。
ジャンベ、今やっているユニットにひとつ入るといいな、なんて。
とりあえずは自前のボンゴでなんかやってみます(ヨロシク)。

このぐらい出来ればカックイイなぁ~。気持ちよか。

「チュラマナ」は、上原まきさんが「ハワイ」、宮良さんが「沖縄」という役割。
ステージ上でのイメージとしては、上原まきさんは「太陽」、宮良さんは「月」に例えられるような気がしました。
山内雄喜さんのフィンガーピッキングも絶妙。
あのふんわりととろとろなスラックキーの調和された音は、あこがれです。
普通ならばストロークしたくなるテンポでも、フィンガーピッキングで音を分散させて、
コード感をしっかり出すセンスは、さすがの一言なのです。
パーカッションは、ひたすらキレイなのですが、そのなかでも間のとり方が抜群で、
それが実に効果的にきこえてきます。

トイレの前で偶然、山内雄喜さんとすれ違うことに。
素浪人が一ヶ月前に氏のギターレッスンに始めて参加したときのコトを覚えていてくれたようで、
「よっ!」と声かけされましたが、今日がそのギターレッスンの日だったような。
でも、二日続けて早く帰るのは忍びないし、無理だなぁ。

前回のレッスン時、「何を弾きたいのかな?」と聞かれ、
「はい、Radio Hulaです」と、要望。

Radio Hula

とろけちゃいますね。今年中にはマスターしたい! ←無理無理

ついでに、E Ku'u Morning Dew

この方のアレンジ・センスが好きです。

で、最初の部分を少しばかり実演してもらったけれど、まったくといってよいほど、
スラックキー初心者には、あの独特のベース音を続けていられない。
運指は決して難しくないのになぁ・・・。
基本はフォーク・ラグなどのベースの弾き方と同じなんだけど、どうも慣れてくれない。
その後、練習すればいいのに、ウクレレばかり弾き続け、早や一ヶ月。
成長ゼロなので、レッスンさぼりでちょうどよかったのかも。

| | コメント (2)

Ovation

140キロのレースから帰ってきた翌日だったので、まだまだ激しい筋肉痛です。ほとんどロボットのような歩き方しかできない状態でしたが、昨日はお茶の水へゴー。

前回の日記に書いた「Ovation UCE48-BR」を買っちゃいました。

Ov1

今朝さっそく貼ってあったダダリオのノーマルタイプらしき弦を外し、買い置きしてあるワースのブラウンのハードテンションに張り替えてみたところ、案の定、響きがよくなりました。

Ov2

ボリュームだけでいえば、自分が持っている他のウクレレ(マウイミュージックやコアロハ)とそんなに大きな差はないです。

Ov3

Ovationの場合、USA生産のギターであろうと、生音のしょぼさを考えると、よくまぁ韓国製のセレブリティでここまで出るなと感心しています。不思議です。プラスチックでもよく鳴るウクレレだってあるんだから、それに比べればトップは木だし、そんなに驚くことでもないのかな。

Ov4

いずれにしても、従来のソプラノのOvationよりは、格段の差があるので、コストパフォーマンスはいいと実感しています。

明日はチュラマナのライブ。歌も聴き応え十分。それでいてフラも見られるし、山内さんのギターも聞ける。一石三鳥なユニットです。

| | コメント (8)

普段使いのウクレレ

所有するウクレレは一本を除き、壁にハンガーフックを取り付けて吊るしています。
ウクレレってかさばらないところがイイです。
残る一本は、すぐ手の届くところに床置きのスタンドに掛け置きしています。
それが前回の日記にも書いたMANA。

Mana

なぜ普段使いかというと、一番安いというわけではなく、
ずっと使ってきたからというのが理由の一つ。
もうひとつはもう傷だらけなので、いい意味で手荒に扱えるということです。
音も最初の頃は、たいしてイイとは思わなかったけど、
最近は乾いてきたということなのか、バランスがよい響き方。(コアボディ+オルカスのハードテンション)
不思議といつも触っていると、弾きやすくなり手に馴染んできています。
ただし、フレットの処理が粗い、1フレットが押さえづらいのが難点。

こんな「MANAティ」くんですが、
この一か月ほど、ビビリが発生しています。
最初は1弦3~4フレット。しばらくして3弦解放。
楽器屋さんに持っていこうと思ってましたが、その前に楽器屋さんによってみました。

そこで見たものは。
9月に発売されたオベーション(セレブリティシリーズ)のコンサート。
音を聴かせてもらうことに。

少し前からネットに出ていたので、気になってましたが、
同社のアプローズブランドのソプラノとは違って、しっかりとしたボリュームの生音です。
これには少々驚いて、いろいろチェック。
弦はダダリオが張ってあるらしいけど、他の弦ならまた違うんだろうなぁ。楽しみ。
ボディは2タイプ。
コア(ラミネート)とソリッドスプルース。ネックはマホ。
弾き比べると、どうもスプルースの方が音が大きい。
ギアペグだし、プリアンプは付いているし、見た目は好みが分かれるところだけど、
ギター弾きにとっては、かつては思い入れのあったブランド。
これでセレブリティでなければ、なおいいなと思いつつ、心はどんどん動いてしまいました。

最後にアンプでの音出し。
ピエゾはサドル下らしく、いまいちカタイ、シャリシャリ音。
トーンコントロールでいくぶんやわらかくなりましたが、
別途プリアンプでのマイクシュミレーションを使った方がよさそう。

普段使いにはちょうどよい大きさだし(プリアンプ内蔵してあるぶん、重い)、価格もお手頃。
どうしようかな~。
MANAティはそろそろ引退していただくか、迷う金曜日の夜なのでした。

| | コメント (2)

10ヶ月目に突入

プロフィールを兼ねて、これまでのことをもう少し書いておきます。

今月でギターの復活、ウクレレの再挑戦をスタートしてから、10ヶ月目です。
ギターはラグタイムの思い出し練習からはじめ、ウクレレは基礎から勉強し直しました。
さてやるぞ昔持っていたラグタイムギターの楽譜を紛失してしまったようで、うろ覚えの曲を中心にやってみましたが、ポジションを思い出すのに一苦労。
超久々のスティール弦も指先が痛くなるし。

ウクレレはまずはしっかりとコードを覚えることから始めましたが、40歳台も後半にさしかかると、これまたたいへん。
すぐに脳みそが消去モードに入ってしまい、次に弾く時にはきれいさっぱりと忘れてたりしちゃいます。

ランニングは今も細々と続けているので、
スポーツジムかジョギングのあとの遅めの夕食~風呂のあと、寝るまでの1時間を毎日続けることで、
だんだんとソロ弾きらしくレパが揃ってきたのは、お正月休みの頃。
この時点で、ラグタイムは2曲、ウクレレは3曲ぐらいのレパとなりました。

また、この10ヶ月でギターは2本増加、ウクレレは計8本に増殖しました。
腕があがるのは、超ゆっくりなんですが、本数はあっという間。
自分でもびっくりするぐらいハマってます。
なんでこんなに夢中になってしまったのか?
それこそがこのブログを書こうとする理由なのかも。

| | コメント (0)

ウクレレにハマった音

はじめてウクレレを手にしたのは、たしか12年前のこと。
キャンプに行ったときにでも使おうと、なんとなく買ってしまったのは、
MANAというブランドのコンサートタイプ。
ウクレレに関してはゼロに等しい知識だったので、初心者向けにお店の人が勧めるまま・・・。

買ったはいいけど、
当時は現代ハワイアンのケアリー・レイシェルとナレオを知っているだけで、
スタンダードなハワイアンはあまり好きではありませんでした。
まずは楽譜を入手。
そのTAB譜集(大橋英比古さん)のアレンジの良さは、今でも素晴らしいアレンジだなと思ってます。
その楽譜の中で聞いたことがあったのは、
わずかに「ハワイアン・ウェディングソング」「アロハ・オエ」「ワイキキ」の3曲。

ソロで弾く ウクレレハワイアン CD付

コレを買いました。(今でも愛用)

チャレンジしてみたところ、
ギターとはコードボシジョンが違うため、コードで覚えていくのがやたら面倒。
フレットが狭いのにもイライラしたり、
ほしいところに弦がないし(ギターでいう、5・6弦)、
適当に弾くとチープな音にも聞こえるし、とにかく音域がなさすぎる。
ウクレレって、イマイチだ。
ずっとそう思ってました。
なので、3曲だけ覚えて、あとはたまにつま弾くだけ。

この頃からはじめたのがトライアスロンとランニング。
こちらにいろいろ書いてきました。
特に最近はトレイルランニング(山を走る)、ウルトラランニング(100キロ超え)などに入れこんでいたおかげで、
楽器からは縁の遠い生活でした。

あっという間に10年ちょっとが経過。
昨年の冬のある日、ギターをずいぶんと久々に弾いたら昔覚えたレパートリーがほとんど弾けなくなっていて、
もちろんウクレレも同じような状態。
弾けないといのは、運指はおろか、ポジション自体がわからなくなっているわけで、
せっかく覚えたのに、あまりにもったいない。

そんなことでプチ復帰しようと、ウクレレ譜を購入。
初心者向けウクレレ譜の「アメージング・グレース」がありました。
3000と7000(1弦から)の響きの良さに大感激。
なんていい音なんだ! 美しい~!
そう感じた時がウクレレに、ハマった時でした。

こんなカンタンなコードなのに、不思議なもんです。
これまでにもギターで開放弦を使ったコードで同じように感じたことはあったけど、
ウクレレの音は、女性的でやさしく柔らかく丸く、響いてくれるように感じられました。
初級レベルの曲ですが、毎日そればかり弾いてました。
よーし、ウクレレをちゃんと練習してみよう。

そんなことで今日でウクレレに目覚めて10ヶ月目。
活動も活発になってきたので、
ウクレレを中心にした日記というか備忘録のようなブログにしてみます。

| | コメント (4)

トップページ | 2009年10月 »