« 10ヶ月目に突入 | トップページ | Ovation »

普段使いのウクレレ

所有するウクレレは一本を除き、壁にハンガーフックを取り付けて吊るしています。
ウクレレってかさばらないところがイイです。
残る一本は、すぐ手の届くところに床置きのスタンドに掛け置きしています。
それが前回の日記にも書いたMANA。

Mana

なぜ普段使いかというと、一番安いというわけではなく、
ずっと使ってきたからというのが理由の一つ。
もうひとつはもう傷だらけなので、いい意味で手荒に扱えるということです。
音も最初の頃は、たいしてイイとは思わなかったけど、
最近は乾いてきたということなのか、バランスがよい響き方。(コアボディ+オルカスのハードテンション)
不思議といつも触っていると、弾きやすくなり手に馴染んできています。
ただし、フレットの処理が粗い、1フレットが押さえづらいのが難点。

こんな「MANAティ」くんですが、
この一か月ほど、ビビリが発生しています。
最初は1弦3~4フレット。しばらくして3弦解放。
楽器屋さんに持っていこうと思ってましたが、その前に楽器屋さんによってみました。

そこで見たものは。
9月に発売されたオベーション(セレブリティシリーズ)のコンサート。
音を聴かせてもらうことに。

少し前からネットに出ていたので、気になってましたが、
同社のアプローズブランドのソプラノとは違って、しっかりとしたボリュームの生音です。
これには少々驚いて、いろいろチェック。
弦はダダリオが張ってあるらしいけど、他の弦ならまた違うんだろうなぁ。楽しみ。
ボディは2タイプ。
コア(ラミネート)とソリッドスプルース。ネックはマホ。
弾き比べると、どうもスプルースの方が音が大きい。
ギアペグだし、プリアンプは付いているし、見た目は好みが分かれるところだけど、
ギター弾きにとっては、かつては思い入れのあったブランド。
これでセレブリティでなければ、なおいいなと思いつつ、心はどんどん動いてしまいました。

最後にアンプでの音出し。
ピエゾはサドル下らしく、いまいちカタイ、シャリシャリ音。
トーンコントロールでいくぶんやわらかくなりましたが、
別途プリアンプでのマイクシュミレーションを使った方がよさそう。

普段使いにはちょうどよい大きさだし(プリアンプ内蔵してあるぶん、重い)、価格もお手頃。
どうしようかな~。
MANAティはそろそろ引退していただくか、迷う金曜日の夜なのでした。

|

« 10ヶ月目に突入 | トップページ | Ovation »

ウクレレ」カテゴリの記事

コメント

フフフ、やったぁ、コメント第1号ですね。
まっ、それはともかく、新ブログ立ち上げおめでとうございます。
私も二本立ての時期がありましたが(楽天ブログでレース奮戦記を)、内容が被ってしまって煩雑になってしまいました。
こちらは音楽専用ってことできっぱりと区分けされるなら、分かり易くていいかもです。
我が家にも実はウクレレ2台あります。1台は中学の時にお年玉で買った物。もう1台は確か技術家庭の授業で選んで組み立てたもの。
技術はバツですが、懐かしい楽器です。んなわけであちら同様、時々覗かせていただきますね〜。

投稿: ハリ天狗 | 2009年9月19日 (土) 19時55分

ハリ天さん

記念すべきコメント第一号が大先輩のハリ天さんだとは驚きでした。
ありがとうございます。
ハリ天家には二台もあるんですか。
お年玉で買うのはたぶん普通は時代の流行からみて、白いギター(笑)だったと思いますが、すでにその頃からなんかしら反骨精神があったのかな~なんて想像しちゃいました。
ウクレレでトレランの歌をつくるのなら、いつでもアドバイスさせていただきますよ~。

投稿: 素浪人 | 2009年9月23日 (水) 11時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 10ヶ月目に突入 | トップページ | Ovation »