« 練習日和 | トップページ | ソロ弾きの練習曲 »

ザ・ビヤガーデン

昼休みを利用して、オフィスからわりと近くにある、「BOOK-OFF」に行ってきました。
お得な中古ハワイアンCDはないかが、目的。
探してみると、ワールドミュージックと記されジャンルの中でも、一際少ないのがハワイアン。
そのなかで見つけたのが、コレ。

この間知ったばかりの「On A Coconuts Island」が入っているではないか。
とうことで即買い。

まだないかと探していたら、こんなの発見。

Cd_1

タイトルは「ザ・ビヤガーデン」。
イラストからして、笑えます。
フラガールが生ビール持って、踊っている(笑)。

帯には、
「ようこそ、ビヤガーデンへ。バック・トゥ・ザ・60'S。バカンスサウンド満載。
スティールギターによるポップスの名曲カバーアルバム。愛のナレーション付」
と書かれています。
「・・・・・スティールギターによる・・・・・」ここに惹かれて、ゲット。950円だったし。

Cd_2

ちなみに、アマゾンのレビューをみると、
「ビヤガーデンをイメージした、究極のサマー・ソング・コンピレーション。
昭和30~40年代の国産ハワイアンの楽曲などをまとめた、懐かしい癒しの音が楽しめる企画盤」と。
ついでに曲目を紹介(アマゾンのデータベースより)。

1.愛のナレーション(ヘレン・モーリス)
2. 可愛いベイビー(山下洋治とファイブ・サウンズ)
3. バラが咲いた(ザ・ブルーハワイアンズ プラス・オールスターズ)
4. 世界は二人のために(ザ・ブルーハワイアンズ)
5. ゆうべの秘密(ザ・ブルーハワイアンズ)
6. 夜霧よ今夜もありがとう(ザ・ブルーハワイアンズ)
7. 霧氷(ザ・ブルーハワイアンズ プラス・オールスターズ)
8. ウナ・セラ・ディ東京(ザ・ブルーハワイアンズ)
9. 空に星があるように(ザ・ブルーハワイアンズ プラス・オールスターズ)
10. 愛のナレーション(ヘレン・モーリス)
11. 悲しき雨音(山下洋治とファイブ・サウンズ)
12. ロックンロール・ミュージック(ポス宮崎とコニー・アイランダース)
13. ヘイ・ポーラ(山下洋治とファイブ・サウンズ)
14. 涙の乗車券(ポス宮崎とコニー・アイランダース)
15. 渚のデイト(山下洋治とファイブ・サウンズ)
16. 十番街の殺人(ポス宮崎とコニー・アイランダース)
17. レモンのキッス(山下洋治とファイブ・サウンズ)
18. いとしのマックス(ザ・ブルーハワイアンズ)
19. いつまでもいつまでも(ザ・ブルーハワイアンズ プラス・オーケストラ)
20. 君だけに愛を(ザ・ブルーハワイアンズ)
21. 見上げてごらん夜の星を(山下洋治とファイブ・サウンズ)
22. 愛のナレーション(ヘレン・モーリス)
23. あの素晴らしい愛をもう一度(ヒロ・カイラニとヒットポップ・オーケストラ)

当時の大人たちは、こういう曲を巷で、そしてビヤガーデンでリアルタイムに聴いたのだろうか?
そんな思いを抱いて聴くのも楽しそうです。
イメージとしては植木等さん。

「ビヤガーデン、もしくはビヤホール=昭和歌謡(初期もの)」
という図式があるんだろうか?
だとすると、僕の中学生時代の記憶だと、
「デパートの屋上、もしくは夏のスーパーマーケット=ハワイアン」
という図式も構造的におなじなのかも。

しかし、60'S・・・。いい響きです。
まさに自分が生まれた年なので、上記の曲はリアルタイムではほとんど知りません。
10歳で70'Sに成ってしまうのだから、それ以前。

振り返ればウルトラQ、ウルトラマン、仮面ライダー、ジャイアントロボ、アトム、
ジャングル皇帝レオ、どろろ、お化けのQ太郎・・・。
アニメソングばかり(笑) まぁ、当時の年齢からいってしょうがないところです。
坂本九さん、南春夫さん、水前寺清子さんなどの国民的大ヒット曲は、
間違いなく耳にしているはずだけど、
いまになってみれば自分の記憶より、その後に見た「昭和の名場面映像」の記憶に、
頭の中ですり替わっている気がします。

ちなみに僕が始めて自分のお金でレコードを買ったのは、12歳。
なぜか、小柳ルミ子さんの「私の城下町」。今でもなぜそれなのか、よくわからない。
自分で自分の趣味がわからない謎の初EP盤購入なのです。
・・・その後、ビートルズを知ったのは13歳でした。

|

« 練習日和 | トップページ | ソロ弾きの練習曲 »

CD・DVD」カテゴリの記事

コメント

素浪人さん、こんばんは。

>「デパート、もしくはスーパーマーケットの夏=ハワイアン」

なるほど。
私の頭の中では、「家族と行ったプールサイドで鳴ってた音楽=ハワイアン」ですな。

投稿: yonaka | 2009年10月 3日 (土) 20時01分

yonakaさん

たしかに、プールサイドで流れていたようなイメージが僕にもあります。区営・市営のではなく、遊園地のプールですよね。
yonakaさんがまだなにも知らずにはしゃいでいた頃なんでしょうね。
想像できませんが(笑)
不思議とテレビの音楽番組で演奏していた思い出というのはほとんどないもんです。

投稿: 素浪人 | 2009年10月 5日 (月) 12時26分

なかなか、すてきなジャケットの絵ですね。
そういえば、わたしも1ヶ月ほど前に大橋節夫さんとエセル中田さんの60年代のLPを手にいれました。レコードプレイヤーが手元にないもので、まだ聞いていませんが・・・・。
個人的には、いずれ、この方面のジャワイアンも演奏ネタにしたいと思っています。

投稿: rakko | 2009年10月 5日 (月) 22時07分

rankoさん

この日記を書いた時は、まだこのCDを聞いてなかったのですが聴いてみると実にイイです。
簡単なコード展開でメロディ重視。昭和歌謡がハワイアンに影響されているのだと実感できるCDです。
エセル中田さんは僕は一枚だけ聴いてますが、やはりこの時代の歌にビッタリな声ですよね。
ジャワイアン。いけてます。ぜひぜひ。


投稿: 素浪人 | 2009年10月 6日 (火) 00時59分

日本人によるハワイアン音楽を指す「ジャワイアン」という言葉はかなり以前に日本人が作ったことばです。
しかし、ハワイで「ジャワイアン」というと「Jamaica音楽(レゲェ)とHawaiian音楽の融合」を指し、現在のハワイでの音楽の主流のひとつにまでなっているため、最近わが国でもその意味として使われています。

投稿: MATT | 2009年10月 6日 (火) 09時12分

MATTさん

なるほど、そういうことなんですね。
僕はMATTさんがいう後者の「ジャワイアン」のことしか、知らなかったんです。
なので、rankoさんが昭和歌謡の話から、突如、最近の「ジャワイアン」の話にジャンプしたのか、ハテナマークでございました。rankoさんと、もし実際に話していたらそのうち、ちんぷんかんぷんな会話になったんでしょうね(笑)
ちなみに、楽天ハワイアンズの方では、次の練習曲のひとつがジャワイアンタッチの「トロピカル・ハワイアン・デー」です。

投稿: 素浪人 | 2009年10月 6日 (火) 18時03分

素浪人さん、こんばんは。

もうひとつ大きな勘違いが・・・・。
男ですみません。一字違いですよ(笑)。

レゲエのジャワイアンは、これからも新しく
誰かが弾きつづけてゆくでしょうけれど、いづれ
日本語訳のハワイアン、そしてハワイアン風
昭和歌謡は、どんどん下火になってゆくで
しょうから、・・・。それゆえ、スチールに
興味を持ったところもあります。あっ、カントリーの
スチールも好きですけど、ペダルは高いし、
持ち運びは不便だし、難しそうだしで
手がだせません。

子供の頃のハワイ旅行が夢だった時のような
そんな気持ちを今も大事にしたいなと思うです。

でも、レゲエも好きですよ。裏のビートがたまりません。

投稿: rakko | 2009年10月 6日 (火) 21時47分

rankoさん改め、rakkoさん

がーん。
rankoさんじゃなくて、rakkoさんでしたか(苦笑)
こりゃ願望が出てしまったか・・・(笑)
文中の「わたしも」というあたりですっかり騙されましたよ~。

今度、このCD持っていきますね。スチールに役立つかどうか別としてとっても癒されます。
昭和歌謡、実にイイです。今日も聴いてしまった。
イーグルスやライ・クーダーの初期ものにも、スチールが入ってますよね。あれはまたカントリーな雰囲気づくりにサイコーですね。

投稿: 素浪人 | 2009年10月 7日 (水) 01時06分

あははは、

さすが「勘違い大王(じゃなかったか?勘違いかも)」ですね。

目の前が真っ暗になった様子が想像できます。

勘違いを避けるために改名が必要?

投稿: MATT | 2009年10月 7日 (水) 06時59分

あははは、

もう大笑い!!smile
おなかがイタイ。

わたしもrakkoさんの文字を見ると「は!?」と思うことがあったので無理ないかも?

ちんぷんかんぷんな話は得意で、たま~にやらかしますのよ~ そんな時はrakkoさんだと思ってねヽ(´▽`)/

ところで、今弾き歌いで昭和歌謡を練習してます。
もともとはイタリアでヒットした曲です。
いつか発表しますね。

投稿: ranko | 2009年10月 7日 (水) 10時56分

MATTさん

あぁ、ウクレレのお仲間の間で既に二度の勘違いをやってしまいました。まぁ笑い事で済んで良かったです。

僕がランニング仲間から言われているのは「勘違い大王」ではなく「勘違い王」ですよ~。
MATTさんも素質あり(笑)

改名でなくても、どちらか大文字にしてくれれば、老眼の身には助かりますけどね。

投稿: 素浪人 | 2009年10月 7日 (水) 14時52分

正真正銘のrankoさん(今度はしっかりカクニン)

たっぷり笑えましたか。
健康にイイですよ、きっと。
ちゃんとお二人のハンドルネームが似ているのも、わかっていたのに・・・。
コメントの文体というか、語り口が、僕にはrankoさんだったんですよ。先入観ってコワイですね(笑)

弾き歌いで昭和歌謡? なんだろう。楽しみにしています。
まさか「サンタルチア」ではないですよね(笑)

投稿: 素浪人 | 2009年10月 7日 (水) 15時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 練習日和 | トップページ | ソロ弾きの練習曲 »