« デビューづくし | トップページ | オハナ・デビュー »

変なハンドルネーム

素浪人・・・。
昔々の時代劇ドラマ「素浪人 月影兵庫」や「荒野の素浪人」に憧れて、「素浪人」と名乗っているわけではないんです。
もともとは2005年から続けているランニングネタのブログで使っていたネームです。

「変わったネームだよね」なんて言われたりも。
もともと「スローライフ」「スローフード」の精神に関心があって、「ファスト」化する社会への警鐘を含めた考え方でもあります。
経済効率中心の「ファストな社会」を全面否定して田舎暮らしなどをするのではなく、忙しい現代の中でストレスを蓄積させないための処方箋でもあります。
故・筑紫哲也さんの著書の中にこんな一節があります。

すべてが「ゆっくり」(スロー)ではなく、
「ゆっくり」と「急ぐ」の両立、つまり「スロー」と「ファスト」の両立。
両者を緩急自在に使いこなすようなライフスタイルを心がけよう。

「緩急自在」。見事な言葉選びです。
平日はともかく、なんかしらの趣味をもつと休日でさえ気持ちはバタバタするときもある自分。
気持ちを切り替えて「スロー」な時間をつくりたいもんだ、と大いに納得。
こんな視点から「緩急自在に、スロー人」。意味としてはコレです。

Hasu_ueno

そこに、
江戸時代の武士のなかで、本籍地を離れ他国を流浪する者のこと、
(現代風にいえば、「フリーランスな侍」)
それが「素浪人」なわけですが、この言葉を引っかけただけ。
その後、松井秀喜選手登場の「家ではスローにん」というキャッチのCMが放映されて、同じ表現ではないかと感激。

さて、現実は・・・。
演奏のギリギリまで練習する様は、あくせくとした「ファスト」な人間そのもの。
余裕なし。
そうはいっても趣味で音楽をするということ自体は「スロー」なんでしょうね。

|

« デビューづくし | トップページ | オハナ・デビュー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

緩急自在に人生を過ごせたらいいですね~!
傍から見ると、素浪人さんは仕事の他に、ランナーであり、ウクレレ・ギター・ベース・(スチールギターも?)ブレーヤーであり、
はっきり言って無茶苦茶忙しそうに思えますが、
スローライフとは、おそらく精神的な物が1番大きいのかな、と感じます。
オフの時間を、いかに楽しむか、でしょうかね?
だとしたら、素浪人さんは既に達人ですよね!(*^-')b

投稿: がく | 2009年10月24日 (土) 00時18分

★がくさん

緩急自在というと、野球でたまに使われている言葉だけど、僕にはぐっとくる言葉なんです。
音楽は昔の余韻でついていける部分は少しだけあるけど、ハワイアンの世界をしるほどに、忙しくなってきました~。
いろいろ手を出すとどれも中途半端になりそう。
ウクレレとギターが中心で、あとの楽器はきっと初級からは脱せないと思いますよ。

投稿: 素浪人 | 2009年10月24日 (土) 10時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« デビューづくし | トップページ | オハナ・デビュー »