« スパリゾート・ハワイアンズへ | トップページ | メリークリスマス第一弾 »

MIDI

Sonar7_top

いまで言うDTW(デスクトップ・ワークステーション)、
僕が始めた頃の二十年ほど前はDTM(デスクトップ・ミュージック)と呼ばれていました。
単にMIDIという人もいたし、打ち込みと呼ぶ人もいました。
ギョーカイ的には「打ち込み」でしょうね。

当時はまだ黎明期で今のように音声入力、リアルタイム入力、ピアノロール入力、
音符入力に対応するソフトは少なく、数値入力やステップ入力が主力で、
音符ではなく数値とにらめっこしながらの音づくりにハマってました。

パソコンで音作りから作曲、アレンジまでできてしまうんだと一喜一憂の毎日で
暇さえあればパソコンに向かってました。なんだか暗いなぁ・・・。

当時は唯一、「コンピューターミュージック・マガジン」という
マイナーな月刊誌が発行されてただけでしたから、
この雑誌は貴重な情報源であり、付録のフロッピーディスクが楽しみでした。

打ち込んだ数値をいじり、微妙に音をずらしたり、強弱をつけると、
いかにもコンピューターらしい正確すぎる発音から人間が奏でてるようなゆらぎ感がでたりします。
人間ならではの演奏というのは、わずかにずれたところに味があるんですね。
また、全体をキレよくするには耳ではわからない程度に、音符を微妙に前にずらすことで
、エッジの効いた演奏になるので、誠に不思議なものでした。

こんな毎日でしたから肩身が狭い。
家族サービス代わりに、当時子どもが大好きだった「セーラームーン」の主題歌を
打ち込んでカラオケをつくったことがあり、子どもが喜んでくれることで、
自分の趣味を正当化していたようなふしがありました。
この曲を「コンピューターミュージック・マガジン」に投稿したところ、
運良く入選して、謝礼金がもらえて、
小遣い値上げ交渉ばかりしていた身としては大喜びだった記憶もあります。

また、仕事でも当時はWEBサイトにMIDIの自動演奏などを付加することが流行っていたので、
自分で曲をつくって売りつけたり(笑)してました。
その後もバンド活動しながらもしばらく続けてましたが、
だんだん熱がさめ、時が経ちました。・・・およそ12年。

昨年から復活しようと、新たに「SONAR7」を購入したのですが、
多機能・高機能すぎて操作が難しいのなんの。 イヤになってしまい、手つかずです。
そうはいっても、もったいないことですから再度ソフトの勉強をしなおそうと思ってます。
もっと簡単なソフトにしようかな。

|

« スパリゾート・ハワイアンズへ | トップページ | メリークリスマス第一弾 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。

そうそう、最近のDTMのソフトって、難しそうで、なかなか手を出そうという気にならないんです。
ウチにもCubaseのLEって言うのとか、LMMSとかインストールはしてあって、これでもAudio、MIDIを使えるんですけど、あの画面をみると、気後れをしてしまい、相変わらず、QY-70と4chのrecorderにAudacityという環境です。

本年はお世話になりました。また来年も、よろしくお願い致します。

投稿: rot-N | 2009年12月31日 (木) 11時15分

★rot-Nさん

書き込みに気づくのがちょっと遅くなりました。
あけましておめでとうございます。
夏以来ですね。

Cubaseあるのに、もったいないですけど、たしかにややこしすぎですもんね。僕も以前、macつかってた頃にインストールはしてましたが、やはり同じような状況でした(笑)

QY-70、定評があるしいいんではないですか。どこでもいじれるというのは大きいです。

そうそう、実は僕も少し前に、古いローランドのハンディなサイズのPMA-5というGM音源付シーケンサーをオークションで買いました。
少しだけ、お仲間です。
今年はどこかでお会いできるでしょうか。
よろしくお願い致します。

投稿: 素浪人 | 2010年1月 4日 (月) 17時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スパリゾート・ハワイアンズへ | トップページ | メリークリスマス第一弾 »