« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

スチールギターの扉

Flower

23日はMATTさんの「初歩のスチール・ギター入門 出版記念パーティ」&
「アトリエNYAOPARAのこけら落とし」でした。

私、素浪人はMATTさん講師による
「スチールギター講習会」に参加したことが縁で出席させていただきました。

これでMATTさんの著書は三冊目。

ウクレレ快読本
Uk_book_3

ハワイアン快読本
Hawaiian_book_3

そして今回出版された「初歩のスチール・ギター入門
http://blog.goo.ne.jp/goomatt/e/f19e71857aa1b11626cefe0ee01708c9

Steel_g

特筆すべきは、
●スチールギターの入門書というものが国内では稀であること。
●まして他書と比較にならない内容の充実ぶり。
●読む人の疑問を想定するように、丁寧に解説されていること。
●写真、図版が豊富であること。
●おまけにTAB譜付の楽譜が豊富!
●(ダジャレもあったりする)

と、特筆事項がこんなになっちゃいましたが、
一応は編集者である素浪人が感じたところでは少なくみても、
入門書としては十分すぎる、「痒いところに手の届く」教則本なのです。
スチールギターをこれから習いたい、復習したいという人には、オススメ。
というのは、すでに在庫は100冊を切ったとのことなので、
ハワイアン関連書籍として、希少本となるのは確実なのです。
情報が決して多いとは言えないスチールギターの扉が
大きく開けたといってもいいのかもしれません。

Rats_1

(画像はきまさんブログより拝借)

さてパーティは和やか&賑やかムードで進み、
我々smokey rat's は、「初歩のスチール・ギター入門」にちなんで、
掲載されている楽譜の中から、2曲を演奏させていただきました。
いずれも美メロなスチールギターのアレンジです。
私はといえば、せっかくなので初タロパッチ・チューニングでのバッキングをとりました。
開放弦がきれいに響きます。
コードの押さえは簡単なので、なんとかいけるものです。
(なんとか聞こえたかどうかは、別として・・・ね)

Matt_slownin

(画像はきまさんブログより拝借)

このあともう一曲、登板。
少し前にMATTさんに無理を言って、
Smokey Rat's用にアレンジしていただいた、スチール曲での参加。
(ご多用の中、ありがとうございました)
こちらはMATTさんが作成したmidi音源を流して、MATT&素浪人での演奏。

ハーモニクスの嵐とでも言えそうなアレンジなのですが、
実にこの曲調にピタリとはまる音なんですね。
残念なことに、MATTさんの怪我(指の靱帯断裂)の回復が間に合わず、
ご本人が思うほどのハーモニクスはでなかったようですが、
そのニュアンスは十分に伝わりました。
3月はこの超絶技をrakkoさんがやる予定? やってくださいね~!
(ベース譜もかなり手強そうですが)

参加された他のみなさまの演奏も、例会とは違い、
「アトリエNYAOPARA」のスペースだと、ストレートに音が聞こえてきました。
アンプはTAKAさんのこだわり? いい機種が揃ってましたね。
NYA☆MIさん愛用のギブソンもお借りしちゃっいまして・・・いい音してました。

みなさまとは昨夏に知り合ったばかりなのに、楽しいこと続きです。
参加されたみなさま、幹事のみなさま、ありがとうございました。

Party

(画像はNYA☆MIさんより)

| | コメント (10)

周期的にビートルズ

Beatles for Sale

昨日は山走りに行く予定にしていたのに、
正月にひいた風邪が悪化してしまい、キャンセル。
ぼぉぉとしながらも家でウク練習~ギター練習~歌の練習をしてました。

ウクは、小岩のおさらいをちょっとやってみたところ、
次回(2月予定)バンドでやる曲の一部に
チャ奏法が効果的に使える曲があったので、ウクを叩きまくり。
それと、はじめの頃に弾いた曲をどこまで覚えてるか何曲かおさらい。

ギターはスラックキーのお勉強。
これまではタロパッチ・チューニングにすると、コードの押さえ方が変わるため、
ただでさえウクレレのコードが少ししか覚えられないでいるのに、
さらに1ジャンル増えるのがイヤで避けてましたが、
ハワイアンのスリーコード系の曲に限っては、やってみることにしよう!
と、考えを改めいざやってみると、響きの美しさを再確認。
スラックキーに合う曲をみつけ、そのゆるゆる和音に酔いしれてました。

さて、この正月は、ビートルズをやたらと聴いてました。
初めて聴いたのは中学一年生のとき。
もうすでに解散していて、ソロ活動がスタートした時期。
「ジェット」「マインドゲームス」「ディンドン」「思い出のフォトグラフ」だったと思うけど、
(リンゴ・スターは「ユア・シックスティーン」だったかも)
当時の毎週土曜日のFM東京「ポップスベストテン」で、
4人が全員ベストテン入りしていた頃です。
中坊・素浪人は、すげーすげえーと毎週興奮しっぱなし。
それ以降、高校生ぐらいまでは無我夢中で聴いてましたが、その後はたまに聴く程度でした。

大人になってからは、なぜか1~2年間隔で夢中で聴きたくなる周期がやってきます。
今年の正月はまさにその周期で、
たまたま町で「ミスター・ムーンライト」を耳にしたら、
むくむくとその芽が伸びて、家でもランニングしている時でもビートルズ三昧でした。
すべてのアルバムを聴いたわけではないけど、
メンバー二人がこの世にいないいま、初期の初々しい作品が恋しく感じられます。

特に「With the Beatles」「Beatles For Sale」は、他のアルバムよりもよく聴きました。
「Till There Was You」がうまく弾き歌いできたら、気持ちいいだろうな~。

| | コメント (4)

荒川で初日の出

2010_a

2010_b_2

本年もどうぞよろしくお願いします。

写真は、今朝、撮ってきました。地元の荒川土手からです。


| | コメント (10)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »