« 周期的にビートルズ | トップページ | 惚れぼれ »

スチールギターの扉

Flower

23日はMATTさんの「初歩のスチール・ギター入門 出版記念パーティ」&
「アトリエNYAOPARAのこけら落とし」でした。

私、素浪人はMATTさん講師による
「スチールギター講習会」に参加したことが縁で出席させていただきました。

これでMATTさんの著書は三冊目。

ウクレレ快読本
Uk_book_3

ハワイアン快読本
Hawaiian_book_3

そして今回出版された「初歩のスチール・ギター入門
http://blog.goo.ne.jp/goomatt/e/f19e71857aa1b11626cefe0ee01708c9

Steel_g

特筆すべきは、
●スチールギターの入門書というものが国内では稀であること。
●まして他書と比較にならない内容の充実ぶり。
●読む人の疑問を想定するように、丁寧に解説されていること。
●写真、図版が豊富であること。
●おまけにTAB譜付の楽譜が豊富!
●(ダジャレもあったりする)

と、特筆事項がこんなになっちゃいましたが、
一応は編集者である素浪人が感じたところでは少なくみても、
入門書としては十分すぎる、「痒いところに手の届く」教則本なのです。
スチールギターをこれから習いたい、復習したいという人には、オススメ。
というのは、すでに在庫は100冊を切ったとのことなので、
ハワイアン関連書籍として、希少本となるのは確実なのです。
情報が決して多いとは言えないスチールギターの扉が
大きく開けたといってもいいのかもしれません。

Rats_1

(画像はきまさんブログより拝借)

さてパーティは和やか&賑やかムードで進み、
我々smokey rat's は、「初歩のスチール・ギター入門」にちなんで、
掲載されている楽譜の中から、2曲を演奏させていただきました。
いずれも美メロなスチールギターのアレンジです。
私はといえば、せっかくなので初タロパッチ・チューニングでのバッキングをとりました。
開放弦がきれいに響きます。
コードの押さえは簡単なので、なんとかいけるものです。
(なんとか聞こえたかどうかは、別として・・・ね)

Matt_slownin

(画像はきまさんブログより拝借)

このあともう一曲、登板。
少し前にMATTさんに無理を言って、
Smokey Rat's用にアレンジしていただいた、スチール曲での参加。
(ご多用の中、ありがとうございました)
こちらはMATTさんが作成したmidi音源を流して、MATT&素浪人での演奏。

ハーモニクスの嵐とでも言えそうなアレンジなのですが、
実にこの曲調にピタリとはまる音なんですね。
残念なことに、MATTさんの怪我(指の靱帯断裂)の回復が間に合わず、
ご本人が思うほどのハーモニクスはでなかったようですが、
そのニュアンスは十分に伝わりました。
3月はこの超絶技をrakkoさんがやる予定? やってくださいね~!
(ベース譜もかなり手強そうですが)

参加された他のみなさまの演奏も、例会とは違い、
「アトリエNYAOPARA」のスペースだと、ストレートに音が聞こえてきました。
アンプはTAKAさんのこだわり? いい機種が揃ってましたね。
NYA☆MIさん愛用のギブソンもお借りしちゃっいまして・・・いい音してました。

みなさまとは昨夏に知り合ったばかりなのに、楽しいこと続きです。
参加されたみなさま、幹事のみなさま、ありがとうございました。

Party

(画像はNYA☆MIさんより)

|

« 周期的にビートルズ | トップページ | 惚れぼれ »

演奏」カテゴリの記事

コメント

初タロパッチだったんですか!
余裕を感じましたYO♪
素浪人さんの新しいギターを今度よく見せて下さいネ。
(◎´∀`)ノ色々ありがとうございました☆

投稿: NYA☆MI | 2010年1月25日 (月) 20時41分

おっと!(私は夫じゃなかった!)先を越された!
テキストの中にまでダジャレがありましたっけ??
(痔核症状なし:健康そのもの)

それはともかくご紹介ありがとうございました。

投稿: MATT | 2010年1月25日 (月) 22時17分

バンマス、土曜日はおつかれさまでした。

たしかにアトリエNYA☆PARAでのみなさんの演奏はストレートに音が聞こえて、ここちよかったですね。煙鼠の音量バランスはどうだっかな???
骸骨マイク(55SHかな)、音が良かったですね。

3月にやることになった曲、とりあえず1ページ目は、演奏をみせていただいたおかげとヒントを教えていただいたので、なんとかなりそうです。AHもびしっと決まったときは、気持ちいいですね。はずすとトホホですが・・・。

投稿: rakko | 2010年1月25日 (月) 22時50分

アトリエオープン、「初歩のスチール・ギター入門」
出版、素晴らしいですね~!凄いな~!
やることが徹底しているというか・・・とにかく凄いことですよね!(v^ー゜)ヤッタネ!!
・・・タロパッチ・チューニング?・・・また新しい言葉が・・・わかりません・・・(゚ー゚;

投稿: がく | 2010年1月26日 (火) 09時32分

★NYA☆MIさん

浦和では、Cワヒネ、DADGBDでのソロはやってたんです。
ただし、タロパッチは初めてでした。
これからはどんどん取り入れようかなと思ってます。

新しいギターは、ベース音が鳴りすぎるDシリーズは避けたので響きはあまりよくないのですが、ライブ環境重視でなかなかですよ。

投稿: 素浪人 | 2010年1月27日 (水) 00時17分

★MATTさん

テキストの中の「ダジャレ」。
あれです、バーがたくさん並んでいる状態の比喩の部分です(笑)。
あの部分だけは頭にすんなり入ってしまいました。
厳密には「ダジャレ」ではなかったですが、用紙の説明時にもたしか・・・。
これからもバンバン、お願いします。首を長くしてマットります。(いまいち)

投稿: 素浪人 | 2010年1月27日 (水) 00時23分

★rakkoさん


今回は安定したスチールソロだなと聞いてました。
あとで動画で見てたんだけど、ハーモニックスのときのrakkoさんの癖を発見~(笑)。

音量バランスは全体的によかったですよ。
1ページ目は、いけちゃいましたか。速い。ぜひその勢いで3月まで飛ばしてくださいね。

投稿: 素浪人 | 2010年1月27日 (水) 00時27分

★がくさん

楽しかったですよ。
がくさんもスチール、いかがですか。

タロパッチ・チューニングとは、ギター(スラックキーギター)のチューニング方法のひとつなんです。
明るい響き方になるんですよ。

投稿: 素浪人 | 2010年1月27日 (水) 00時38分

movieデータをダウンロードしていただきました。ありがとうございます。これってZoomで撮ってたものですか?

投稿: paul okubo | 2010年1月28日 (木) 15時15分

★paul okuboさん

先日は素晴らしい演奏を聞かせていただき、ありがとうございました。あたたかみのあるメローな音色のラップスチールですね。

ダウンロードは、ずいぶん時間がかかってもうしわけございません。他の方も、か・な・りの時間がかかったと聞いてます。
この動画はおっしゃるとおり「Zoom Q3」で撮ってたものです。動画はこのぐらいの距離が適しているみたいです。

投稿: 素浪人 | 2010年1月28日 (木) 23時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 周期的にビートルズ | トップページ | 惚れぼれ »