« 惚れぼれ | トップページ | アメリカ音楽のルーツ »

レパートリー

練習なしでパッと弾けるソロはウクレレとギターあわせて、10曲程度ぐらい。
普段弾いてないと、たちまち忘れていく悲しさがあります。

ところで自分は昨年、どれだけの曲をとりあえずはひととおり、
弾けるようになったのか数えてみました。
ソロだけだとちょうど20曲。
せっかく覚えたのに半分は、譜面を見直さないと、忘れてしまっている計算。
あぁ、もったいない、もったいない。

バンドのパートで覚えたのは13曲。
こちらは間違った時の影響から必死度が高いけど譜面がないと丸覚えは無理。
そんな状況なのに、これからソロで弾いてみたい曲を書き出したら、
これまた10曲オーバー。( ̄○ ̄;)

「弾いてみよう」「きっとキレイな響きだろう」がどうも先行して、
当面の曲を120%ヨシ! といえるぐらい弾き込んでいかないと、
頭や運指に深い記憶としてインプットしないのでしょうね。
そんな気がします。

記憶の許容量もオーバーだし、反復練習の時間もなし。
脳トレからはじめるべきか・・・なんて思ってしまいます。
先日、頭脳力選手権とかいう番組が放映されていました。
俗にいう頭がいい、雑学王などと呼ばれているタレントさんが回答者。
茶の間の自分も一緒にやってみると、意外と記憶力と図形解析力は、
彼らと同等なのに、漢字の組み合わせを試す問題ではまったく答えられずじまい。
これにはがっくり。

今は曲が覚えられれば万歳なのですが、やはりもっともっと弾く。
曲の最初から最後まで緊張感をもちながらちゃんと弾く。
そしてメロディとコードの関連づけ。
わかっちゃいても時間のせいにしてしまうな。

フィギュアスケートの銅メダリスト高橋選手は
金メダリスト荒川選手曰く「言い訳王子」(愛着をもって)らしいが、それはそれハイレベルな話。
自分は「言い訳オヤジ」だなぁぁ。

|

« 惚れぼれ | トップページ | アメリカ音楽のルーツ »

練習」カテゴリの記事

コメント

貴殿の真剣さとアーテイスト魂を感じ
心動かされ、筆を取りました。
不覚にも拙者、感動ツカまつりました、、、、
ご免、、、

投稿: ファンより | 2010年2月23日 (火) 21時05分

素浪人さん、何をおっしゃいますやら…(笑)
おそらく目指すレベルが非常に高いのでしょうけど…
音へのこだわり、ノリの良いリズム、高度なテクニック、正確なテンポ、自分から見れば完璧に見えます。(汗)
しかもマルチプレーヤー…憧れちゃいますね~!
ウクレレも、ギターも素晴らしかったですよ~!

投稿: がく | 2010年2月24日 (水) 09時17分

★ファンさん

あれっ、どなたでしょう~?
ひょっとして、yさんのところにたまに一筆のこされる方?
この間は久々にウクレレ・ソロでした。
思っていたように弾けないもんですね。
お粗末でした。

投稿: 素浪人 | 2010年2月26日 (金) 00時59分

★がくさん

日曜日はお疲れ様でした。
少々ご無沙汰でしたね。

目指すレベルは高いにこしたことないんだけど、いかんせん離れすぎてます。
ノリもないし、テクもいい加減。
テンポなんて途中、先走ってしまったし・・・。
うまくいかないものですね。
来月あたり、がくさんのソロをそろそろ、聞きたいです。

投稿: 素浪人 | 2010年2月26日 (金) 01時03分

お久しぶりです。

嗚呼、レパートリー・・・10曲かぁ・・・。
私は、何曲有るんだっけ?

ほとんどの曲は、録音もしていないし、譜面も書いていないので、忘れると、もう、この世から消えてしまいますから、忘れない様にするのが大変です。
ですので、最近は、会社にレレを持ち込み、昼休みに弾いています。

投稿: rot-N | 2010年2月26日 (金) 10時05分

素浪人殿、
流石です、見破られました。
拙者の負けでござる、、、
御免。免御。

投稿: ファンより | 2010年2月26日 (金) 10時27分

★ファン殿

やはり的中したでござるか。
わざわざの書き込み、かたじけのうござる。
素裸句、お互いに切磋琢磨いたしませう。

投稿: 素浪人 | 2010年2月26日 (金) 17時01分

★rot-Nさん

rot-Nさんは、たくさんお持ちなのではないですか。
お一人でステージにも上がられているようだし、きっと僕よりはるかに多く、すぐに弾ける曲がたくさんあるように思ってます。

僕も録音や譜面を残していないので、譜面ないのは、一ヶ月に1~2回は弾くようにしています。
会社にレレ持ち込みですか。うーん、僕も考えようかな。サイレントならばいけそうです。

投稿: 素浪人 | 2010年2月26日 (金) 17時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 惚れぼれ | トップページ | アメリカ音楽のルーツ »