« 2010年7月 | トップページ

2010年8月

気圧か乾燥か ネックの反り

愛用のタコマのネックが反ってしまい、
一度もメンテナンスをしていなかったこともあり、楽器店に持っていきました。

Tacoma1

実はこの反り。
神戸の交流会の時、ハードケースに入れて飛行機に預けたわけですが、
出してみるとずいぶん弾きにくくなっていました。
すぐにわかるほど、弦高が高くなっていたんです。
国内だからそんなに手荒く扱われないと思っていたので、
衝撃によるものではなく、気圧のせいでそんなことになるのだろうか・・・。
と推測。

でもそんなに簡単にネックが反ってしまうのなら、
遠征の多いギタリストはどうしているんだろうって疑問も浮上。
まぁ、とりあえずはこれで演奏するしかない。

再び荷物を預けて帰京。
さらに弦高が高くなったような気もします。
よーく見ると順反りっぽい。
トラスロッドでの調整はエレキでしか経験がなく
アコギをいじるのはどうも怖いってことで購入した楽器店へ。

すると、
気圧の影響もあるし、乾燥による影響もある。
とのこと。

ネットで調べてみると、貨物室は極度の乾燥状態にあるようで、
急激に湿度変化が起きる。
そのせいでネックが曲がることもあるという記事を発見。
(それを避けるために、一定の湿度を維持した有料貨物室もあることも知った)
こういう症状は、テンションがやたら強いギターに起こりやすいものなのでしょうか。

メンテナンスから戻ってきたタコマは、
買った時以上に調子がよく、フレットも磨いてもらったので、ピカピカ~。
弦高もバッチリ。
すべて無料でやってくれたので、大満足です。

見てください。このピカり加減。

Tacoma2

うれしいのでもう一枚。

Tacoma3

| | コメント (6)

ギリギリで応募完了

締め切り前夜、応募完了しました。

まだ見てない人がいらっしゃいましたら、どうぞ見てくださいませ。
(右側のかまやんが見事に切れているので、画面をクリックして拡大して見てください)

今回、このコンテスト(LET'S PLAY UKULELE CONTEST)の話をNUA経由で知り、
「応募せよ!」の雰囲気の中で、急遽結成したユニットでしたが、
練習時も打ち上げ時も撮影時も、楽しくやらせてもらいました。
アドリブも自由にやらせてくれて、トチリ多発でしたが
指のいい特訓になりましたよ~。

「オーチャードホールでジェイクの前座」はあり得ないだろうけど(笑)、
メンバーのみなさん、またオハナパーティでやりましょうね。

また、幹事を取り仕切ってくれたイタさんをはじめ、サポートしたいただいたみなさま、
一回目の応援に来てくれたみなさま、
撮影アクシデントで二回目の場所を提供してくれたTAKA&NYAOMIさん、
ありがとうございました。

幻となってしまった録画ライブ
Paipai_p

| | コメント (2)

« 2010年7月 | トップページ